読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琴線にふれる

あ、と心が動いた瞬間を写真におさめる日々。

小江戸川越散策「蔵造りの町並み1」(2017.04.06)

早朝5時に目覚ましをセットして、ホテルを出たのが6時ちょっと前。
春を迎えたとはいえ早朝ともなれば風が冷たく、でも眠気覚ましにちょうどいいなぁなんて思いながら、まだ人気の少ない街を歩いていきます。
f:id:harukolate:20170413133813j:plain

 

朝日が建物の細部の陰影をくっきりと映し出しています。
f:id:harukolate:20170413133841j:plain

 

f:id:harukolate:20170413134556j:plain


川越といえば忘れてはいけないのが時の鐘。その路地を曲がった途端、一瞬思わず目をつぶってしまうくらいの眩しさ。
f:id:harukolate:20170413133857j:plain

 

江戸時代の人達も、こんな風に朝日に照らされる時の鐘を見ていたのかと思うと、感慨深いものがあります。
f:id:harukolate:20170413133911j:plain