読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琴線にふれる

あ、と心が動いた瞬間を写真におさめる日々。

秩父宮記念公園「オールドレンズで楽しむ春3」(2017.04.20)

今回も秩父宮記念公園の散策です。 レンギョウ。普通の家の庭先でもよく見かけます。小さいバナナの房がたくさん実ってるみたいな木だなーと、子供の頃思っていました。 これから見頃を迎える、八重の花が咲くムシャザクラ。 いたるところにこうしてベンチが…

秩父宮記念公園「オールドレンズで楽しむ春2」(2017.04.20)

チューリップまつりで賑わう園内ですが、園内を彩るのはチューリップだけではありません。どこに目を向けても春らしい光景が広がっています。 見頃を過ぎた桜かな?と思って確認してみたところ、スモモでした。 サクラ属なので、花も桜によく似ています。(…

秩父宮記念公園「オールドレンズで楽しむ春1」(2017.04.20)

せっかく買ったのになかなか持ち出す機会がないオールドレンズを使おうと、この日むかったのは静岡県御殿場市にある「秩父宮記念公園」です。秩父宮両殿下について私は年代的に全く存じ上げないのですが、戦時中に別邸として実際に住まれていた場所を、現在…

三嶋大社「苔むした聖域」(2017.04.12)

三嶋大社で桜を愛でながら気づいたのが、緑の多さ……とりわけ多いのが苔。 木漏れ日のさす玉垣がご覧のとおり緑色。 石燈に生えた苔に草が根を下ろしています。これぞ雑草魂。 幹を覆う苔が、この桜が古いものだと教えてくれます。 太い根までびっしりと。 苔…

三嶋大社「桜、ふたたび」(2017.04.12)

再び桜です……(笑)春はついつい桜ばかり撮ってしまいますね。今回はせっかくなので趣向を変え、いつもとは違うノスタルジックな雰囲気で。

三嶋大社「清らかな風」(2017.04.12)

境内では多くの花見客が桜を満喫していますが、本来ここは神聖な場所。目を転じれば厳かな空気が充満していることに気づきます。

三嶋大社「満開の桜」(2017.04.12)

川越を満喫した翌週の休日、出掛けるのにいい場所はないかと桜の開花情報を見ていたら、三嶋大社が満開だと知り早速駆けつけました。三島市民のみならず、近隣地域に住んでいる人々が初詣に訪れる定番の神社です。(かの源頼朝公が崇敬した神社だそうです) …

小江戸川越散策「蓮馨寺2」(2017.04.06)

満開の桜で遮られた光が、柔らかく降り注いでいます。 鳥が啄んだのでしょうか。房のまま落ちているものがいくつもありました。 寺の前でそっと拝礼して去っていく。そんな光景が毎日繰り返されているのでしょう。 圧倒的な質量の桜を前に後ろ髪を惹かれなが…

小江戸川越散策「蓮馨寺1」(2017.04.06)

蔵造りの町並みへ行く途中、通り沿いから見えるお寺の境内の桜があまりにも見事で、あとで必ず立ち寄ろう!と決め、また戻ってきました。 桜のアーチと五色幕、そして提灯。とてもカラフルな境内です。 爽やかな早朝の空気と境内の荘厳な雰囲気が相まって、…

小江戸川越散策「蔵造りの町並み2」(2017.04.06)

町並みも素敵ですが、それを形作る個々の建物自体も大変趣があります。 個性的な看板のお店もたくさんありました。 射し込む朝日が醸し出す、なんとも言えない雰囲気の路地。 ふと商店のガラスに目を向ければ、時の鐘が写り込んでいました。

小江戸川越散策「蔵造りの町並み1」(2017.04.06)

早朝5時に目覚ましをセットして、ホテルを出たのが6時ちょっと前。春を迎えたとはいえ早朝ともなれば風が冷たく、でも眠気覚ましにちょうどいいなぁなんて思いながら、まだ人気の少ない街を歩いていきます。 朝日が建物の細部の陰影をくっきりと映し出してい…

小江戸川越散策「菓子屋横丁周辺」(2017.04.05)

川越といえば小江戸。蔵造りの街並みを絶対撮ろうと決めて来ましたが、流石に人気の観光地……あまりの人の多さに翌日早起きをすることを決意。なのでその代わりこの日は小さな路地を撮影してきました。(菓子屋横丁周辺というタイトルですが、菓子屋横丁自体…

小江戸川越散策「新河岸川の桜並木」(2017.04.05)

川越へ行くと決めてから楽しみにしていたものの一つ、新河岸川の桜並木。 川の両側に満開の桜。誉桜と種類のようです。(Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55) (Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55) 観光客はもちろんのこと、地元の方もペットを連れて…

小江戸川越散策「喜多院」(2017.04.05)

中院の桜を堪能したあとはすぐ近くにある喜多院へ。 こちらも満開です……!(Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55) 残念ながらこの日は拝観がお休みでしたが、境内はお花見客で賑わい露天もたくさん並んでいました。(Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55…

【番外編】曽我梅林「小田原梅まつり」(2017.02.16)

16日に訪れた梅まつりで、実は梅以外のものも少しだけ撮影していました。 ※梅の撮影についてはこちらをご覧ください。 梅まつりの期間中、広大な畑の中へ自由に出入りができます。三脚を担いで入っていく方もたくさんいらっしゃいました。私が訪れた時に農家…